「葉合せ」の魅力を知る

「葉合せ」はT・MBH独自開発の製法による革小物です。
『コンパクトで大容量』『薄いのに強い』という常識を覆す驚きがあります。
職人の技術がなければ、生み出すことができない「葉合せ」の製法から
実用例まで全てをご紹介いたします。


【葉合せの魅力を知る】

ご注文はこちらへ
> 葉合せ シミュレーター
> 葉合せ 在庫リスト

「葉合せ」は糸を使わず、薄く漉いた革を貼り合わせて作り上げます。
表と裏を貼り合わせてから組み立てるのではなく、内側の革を組み立て、その後、表面の革で包み込んで組み立てていくT・MBH独自の製法です。
「葉合せ」の製法は大きく3段階に分かれています。
その一つ一つに頂点の技術と独創的なアイデアが込められています。


Phase.1 【内革の封筒】

0.4mm程度の厚さまで漉いた革を、カットします。
さらに、のりしろ部分を斜めに削り取り、封筒の様に貼り合わせます。
斜めに貼り合わせることで段差がなくなり、薄く仕上がると同時に、接着面の幅が広く、引っかかる部分がないため、剥がれにくく丈夫にすることができます。
この斜めに漉く作業は、非常に繊細なため、職人の技術が問われると同時に、革包丁が真っ直ぐな状態でないとできません。
T・MBHでは革包丁を一日に何度も研ぎ、真っ直ぐに保つことで、この技術を可能にしました。
貼り合わせて、ほとんど無くなった段差をさらに磨き、触っても段差がほぼ分からなくなるまで仕上げます。


Phase.2 【表革と裏革で包み込む】

Phase.1で作成した「内革の封筒」と表革を組み合わせます。
エキゾチックレザーの柄は個体によって全く異なる為、1点1点方向を吟味してカットしてあります。厚さも革の種類によって変えています。
表革の中心を内側の封筒の中心に合わせ、「内革の封筒」を包み込むように貼り合わせていきます。 内革の封筒に型紙を入れ、外側から定規を当てて真っ直ぐに貼り合わせます。

表革を貼り終えると裏革を貼ります。
「内革の封筒」を傷つけないように、細心の注意を払いながら、丁寧に削ります。 貼り合わせた部分の段差が感じられないほどまで削ることができるのがT・MBHの職人の技術です。

裏革が寸分違わぬようカットします。小さければ表革との間に隙間があいてしまい、大きいと、せっかく表革を漉いているのに段差が出来てしまいます。
さらに、裏革ののりしろ部分を斜めに漉き、削った表革との隙間がないようにぴったり貼り合わせます。 エッジ部分はヘラで圧をかけながら、表革の厚さに合わせて段差がなくなるようにしっかりと接着します。
貼り合わせた箇所に凹凸が少ないので、剥がれるきっかけになる引っかかりがほとんどありません。 長くご使用頂いても壊れにくく、安心してお使い頂けます。


Phase.3 【カットとコバ仕上げ】

ポケット部分をカットするために型紙をあて、目打ちを使って目印を付けます。
内部を傷つけないようにポケット内側に定規を差し込み、カットします。
サイド部分の余分な革も小さい包丁を使ってカットして形が出来上がります。
組み上げた後にカットするため、集中力が必要な作業となります。

革の切断面は角が立っている状態で、美しくないだけでなく、ほつれや壊れの原因にもなります。
そのため、角の部分にやすりをかけ、角をとります。
さらに、T・MBHオリジナルの蝋を入れ、磨き上げ、切断面のほつれやはがれがおきないようにします。
この工程を何度も繰り返し磨き上げる事で、美しく壊れにくい製品として仕上げます。


【葉合せの魅力を知る】

ご注文はこちらへ
> 葉合せ シミュレーター
> 葉合せ 在庫リスト